悩んでいる女性は8割以上! 秋の「じっとり汗」を防ぐ、賢いスーツの選び方

レディースオーダーメイドスーツ専門店で、季節の変わり目や秋の快適にスーツを着こなすポイントを教えてもらいました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ニオイが大敵! ビジネスシーンでの「じっとり汗」

猛暑もひと段落し、日に日に秋が感じられるようになってきました。そんな季節の変わり目に気をつけたいのが、衣服の重ね着などで熱気がこもり、ムレてしまうことによって起こる「じっとり汗」。

朝晩は涼しくても日中は気温が上がるため、長袖のジャケットを着て出かけると、思いがけず蒸し暑くワキや背中などに汗をかくことも。

また、職場の空調も夏ほど涼しくないので、外出先から戻ったときになかなか汗がひかないということもあるかもしれません。

シービックによる、20〜40代の女性600人を対象にした「季節の変わり目に気になる“じっとり汗・ニオイ”の意識調査」では、82.6%の女性が「じっとり汗」をかいていると回答。「じっとり汗」によるニオイが気になるという女性は63.7%にのぼりました。

ニオイを実感したことがあるシーンとしては、「電車に乗っているとき」と答えた女性が69.7%と一番多く、「社内でデスクワークをしているとき」「外出先から会社に戻ったとき」という回答が続きました。

「じっとり汗」が気になっている一方で、夏と同じようなニオイ対策をするという人はわずか17.7%。涼しくなってきたことで対策をおろそかにしてしまい、汗やニオイに悩まされるという場合も増えています。

ムレやすい秋こそ、吸湿速乾性のある機能素材を

「じっとり汗」の対策法のひとつが、季節の変わり目の服装選び。しかしビジネスシーンではスーツが基本のため服装による体温調節が難しいこともあり、同じ調査では季節の変わり目に服装に悩んだことがあるという女性が81.5%もいることがわかりました。

そこで、レディースオーダーメイドスーツ専門店「MYSTANA」のブランドマネージャー益田亜弓さんに、季節の変わり目のスーツ選びのポイントを伺いました。

ブランドマネージャーの益田亜弓さん。

「人からどのように見られているか、見た目の印象を気になさるお客様が多いです。とくに清潔感は大切なポイントですね」と益田さん。初秋に着る素材としておすすめなのは、上質感のある薄手のメリノウールだそうです。

「ビジネスウェアは人に与える印象も大切な要素のひとつです。違和感を相手に与えることなく、着る側にとっても使い勝手のよい春、秋、冬の3シーズン向けのウールが初秋にはおすすめです。暑さが残る季節ではありますが、夏向けの薄手の生地では季節的にも遅く感じてしまいますし、吸湿速乾性のある機能的なウール素材も増えてきているので、少し蒸し暑い季節にはぴったりだと思います」(益田さん)

空気が通るデザインを選ぶのも涼しく着こなすコツ

また、パンツスーツではなく、ジャケットに半袖のワンピースを合わせるのも涼しさアップのコツ。

「ワンピースは風通しもよく、ジャケットを脱いでも“きちんと感”を損なわないのでおすすめです。また、パンツスーツの場合でも、首もとが出るノーカラージャケットや、足首がのぞくクロップドパンツを選ぶと涼感が増します」(益田さん)

そのほかトレンドのワイドパンツも、業界によって向き不向きがあるものの、風通しがよいデザインとしておすすめだそうです。

左:衣服内の温度・湿度をコントロールし、一年中快適な着用感を保つ薄手のウール素材のスーツ。ジャケット(33,000円(税別))は袖を折り返すこともできるデザイン。右:中に着たAラインのワンピース(33,000円(税別))は、ジャケットを羽織らなくても上品な印象。

スーツのメンテナンスは、脱いだらすぐの陰干しが基本

一日着たスーツはブラッシングでほこりをとり、風通しのよい屋外の日陰で干すのが基本的なお手入れ法。汗をかいたからといって頻繁にクリーニングに出すと生地が傷み、せっかくのお気に入りのスーツがすぐに着られなくなってしまいます。

「たしかに汗をかいたあとは気になりますが、クリーニングは1シーズンにつき1〜2回が目安。どうしても汗の付着が気になるときは、水で濡らした布をかたくしぼり、たたくようにしてメンテナンスをしてください」(益田さん)

スーツは一回着たら2〜3日は休ませて。毎日スーツを着る職業なら複数着そろえておき、着まわすようにしましょう。

銀座5丁目に店舗を構える「MYSTANA」。30〜50代の管理職の女性がスーツを誂えることが多いそうです。
MYSTANA銀座店 tel.03-3571-2986

効果が長持ちする制汗デオドラントで、汗とニオイをしっかり予防

スーツを陰干ししてもやっぱりニオイが気になるという場合は、事前予防が大切です。先に紹介した調査でも、オフィス内で同僚のじっとり汗のニオイを不快に感じるという人は91%にものぼりました。

そこでおすすめなのが、肌に直接ぬるスティックタイプのデオナチュレ「ソフトストーンW」。天然アルム石由来の有効成分※がしっかり肌に密着し、汗やニオイを長時間予防。ぬり直しも必要ないので、一日中、汗やニオイを気にせず、仕事に集中できます。また、ニオイの悩みが深い方には指でしっかりぬりこめるクリームタイプの「さらさらクリーム」もおすすめです。

季節の変わり目のじっとり汗が気になったら、服装を見直しつつ汗やニオイ対策もしっかり行うこと。そうすれば、秋の始まりを快適に過ごせるはずです。

※焼ミョウバン

また、デオナチュレは、毎日の「じっとり汗」予報を配信中。ぜひ毎日の「じっとり汗」対策にお役立て下さい。

 

オンラインショップ